読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代、米国株でリタイア生活

米国株投資始めました。配当金で早期リタイア生活を目指す、30代です。もうすぐ40歳を迎えますが。

やりたいことと、モチベーションと、やってみること

先日の記事で、会社辞めたい、セミリタイアしたい、みたいなことを書いていますが、何もしたくないという分けではありません。 

www.futatoreru.com

やりたいこと見つけて、それに熱中できれば良いなと、当然思います。

でも、何がやりたいのか?何をすべきなのか?がわからず、悩んでいる人が大勢います。
そう、私もその内の一人です。 

ワークライフバランスって言葉が流行ってますが、その反動で、「寝食忘れて仕事に没頭して何が悪い」みたいな意見も目にします。
そんな人は、 「ワーク」=「ライフ」なんだから、それで良いんじゃないかと思います。

みんな一緒なんじゃなくて、「仕事を大切にする人」、「遊びを大切にする人」、「家族を大切にする人」、それぞれが認められれば良いですね。
同じ人でも、仕事に没頭したい時期、仕事はほどほどで他に時間を使いたい時期、とかがあるんだから。

 

で、話しを戻しますと、

 

やりたいこと、やりたいこと、やりたいこと、と考えてみても中々出てこないので、とりあえず、楽しそうと思っていることでも、無理そうだなと思っていることでも、気に掛かることは何でもなるべくやってみましょう。

やる意味や、やる意義を考えるのは、やってみてからで良いです。

やってみて楽しければ続けるだろし、やってみてすぐにやめたとしても、0と1じゃ大違いです。すぐにやめたことでも、しばらくしたら、また気に掛かるかもしれません。
その時は、またやってみれば良いです。それを積み重ねれば0と10の違いになっているかもしれません。

やってみて、あーやっぱりやりたくなかったわ、と気付くことも大切です。

そんなことを続けていたら、あーこれがやりたいことだったんだ、って見つかる時が来るんじゃないかと思います。

やってみてから、やる気やモチベーションが出ることもありますよ。

少なくとも、気になることをやらないまま過ぎていくよりも、やってみたほうが、今が少しはましになるかもしれません。

 

そんなふうに自分に言い聞かせながら、腰の重たい自分を一歩ずつ動かします。